2006年03月03日

ひすいこたろう、3秒でもっとハッピーになる名言セラピー

久しぶりの日記です。
今回は、ちーひめの大好きなメルマガを
紹介させてくださいね〜。

ひすいこたろう さんの
今日の名言セラピーです。

いろいろ説明したいところだけど
ひすいさんの言葉そのものを読んでみてください。
感動しますよ。

ーーー(以下、ひすいさんのメルマガ)−−−−

●本日 3月3日 3秒続編 誕生!!!


今日のお昼あたりにアマゾンで買ってくれるとうれしいです。
(でも、実はいつどこで買っていただいても最高にうれしいです)

目標は33位!



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ひすいこたろうです。

本日名言セラピー続編、発売です。
「3秒でもっとハッピーになる名言セラピー+(プラス)」(ディスカヴァー)
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4887594461/nicecopy-22/ref=nosim



僕は、この本の制作を通して、
「天才になる方法」に気づかせてもらいました。

この本の制作が
僕にとって
まさに名言セラピーそのものという
気づきの連続の体験になりました。

この気づきは今後生きるうえで
間違いなく大きなターニングポイントになった
って思います。

その機会を与えてくれた出版社のディスカヴァーさんに
感謝します。


今日は、長くなりそうですが
その気づきをここで書いてみようと思います。
最後まで読んでいただけるとうれしいです。


「天才になる方法」です。(最後にこの本を10倍楽しむ方法も書いてます)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

最初の本
「3秒でハッピーになる名言セラピー」は、
自分でも何度読んでもおもしろいなーと自画自賛しちゃう
仕上がりでしたので(笑)
出版社さんから続編の依頼をいただいたときに、
うれしかったのですが
同時に、

前作ほどのクオリティを保つのは難しいっていうか、ムリ?
って正直思ったんですね。

でも、1月23日のメルマガでも書いたとおり、
「やってやれないことはない。 やらずにできるわけがない」

と、まず声に出してつぶやいてみたんです。

すると、「はっ」と気づいたんです。

なにもオレの力だけでやらなくていいんだよなって。


読者の力を借りよう
編集者の力を借りよう
友人の力を借りよう
みんなに助けてもらおうって。


そして「ひすいからの緊急のお願い」と読者の皆様に
名言エピソードを募集させてもらったところ、
ナイス!ナイス!ナイス!な名言を
お寄せいただけたんですね。

応援メールも、ものすごくいただき
読んでいて感激しました。


前作から担当編集してくださっている名言セラピーの守護神
ディスカヴァーの蓮見さんが
続編の方向性を見出してくれて
原稿をバンバン、ブラッシュアップしてくれて
僕も自分でも気づかなかったテーマへ
最終的に導いてくれました。
編集者に恵まれて
ほんとうに僕はツイてる!って思いました。


今回の原稿は蓮見さんと何十回と
原稿をやりとりして
ねりあげていったものです。

なかにはいくつか
こっちの方がいいのでは
と思えるところもありました。

でも、
編集者から指摘されたところは、
さらにもっと良くできる方法があるんだと考え
僕の考えに固執せず、
すべてゼロから発想しなおしました。

すると、最終的に思ってもみなかった
自分の力だけでは絶対にたどりつけなかった
着地点にたどりつけたんです。


僕は最初、自分のちからを120%出し切らねばと思っていました。
自分が、自分がって。
でも、それは結果的にうまくいったとしても120%です。

俺だけではムリ。それよりも支えてくれている人たちに
助けてもらおうと思ったら
読者の力が加わり、編集者の力が加わり、友人の力が加わり
120000%の本になりました。



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2004年 8月9日。
僕は、勝手に自分で天才コピーライターと名乗り
名言のブログをスタートしました。


なにも、自分が天才だと思っていたわけではありません。
天才になりたかっただけです。

天才だって名乗って、
そこから実力をつけようと思いました。
そのために、ほぼ毎日書こうと決めました。

名言セラピーを1000本も
書くころには
天才になれるのでは

と思って実は毎日配信していたんです。


名言セラピー1000本ノックを終えるころには
新しいステージがきっと見えるはずだと
思って、この1年半毎日こうして
もくもくと書いています。

いまは、折り返し地点、
名言セラピー500本を超えたところです。


実は、新しいステージが見えてきたんです。

それは・・・


〜〜〜

不思議なことに気づきました。


最初の頃は、メルマガの部数を増やすために
相互紹介をしたり広告もしていました。

でも、途中から部数を増やす努力を一切やめました。
というか、その時間がとれなかったんです。

結果的に部数を増やす努力をやめて、
いますでに読んでくれているあなたの心に響くものを
そしてそれを毎日配信しようという
ことに僕のすべてを注ぎこむことにしました。


すると、気づいたら4000人、5000人、6000人
まもなく9000人というところまで自然に増えてきました。


読者を増やす努力をやめて
いま読んでくれている読者に
せいいっぱいこたえたいとやり始めたら
増やす努力をしていた頃よりも
増えていきました。


ふしぎ。



だいじなことに気づきました。
その気づきをお伝えする前に、
読んで欲しい対談があります。


鈴木光司さんと椎名誠さん

僕がともに大好きな大作家、お二方が夫婦について
こう対談してるのです。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
鈴木さん:「妻に対しては、ほんとうに生き生きとしていてほしいと思いますね。
      そのためのお手伝いなら、なんでもやってあげるよ、と。
      それが家庭がうまくいく秘訣でしょう」


椎名さん:「それは僕もほんと思います。
      これは非常に照れくさい言い方なんだけれどね、
      ぼくは自分の女房を尊敬してるし
      愛してもいますから、
      パーフェクトに応援したいんです」

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

奥様をものすごく大事にされてるんですね。


鈴木さんは作家になる前に大手新聞社でフリーライター
をやったことがあるそうで、そのとき編集長から
「正社員で来ないか?」と誘われたことがあるのだそうです。

「小説家を目指すにも記者をやりながらだってやれるのではないか」
と誘ってくれたのだそうです。
大手新聞の社員。これは、いい話です。
奥さんに相談すると、こう言ったそうです。

「それはやめなさい。作家になるのが遅くなる」



椎名さんは作家になる前、ある会社で働いてたそうですが
次期社長と言われてたのだそうです。

しかし会社を思い切って辞めて、
作家の道一本で踏み出してみたいと。
奥様に相談するとこう言ったのだそうです。

「そうね、いいんじゃないの。
 フリーになって
 たとえ路頭に迷っても日本じゃ飢え死にしないからね」


◎出典「パパだからできる!」鈴木光司著 (新潮社)



どちらの奥様も、
ご主人のことを100%信頼していたのだと思います。
もしくは
どうなろうが100%、私はあなたと一緒に生きていく
その覚悟があったのだと思います。


その結果、

「そのためのお手伝いなら、なんでもやってあげる」
「パーフェクトに応援したいんです」


この言葉につながってると思うんです。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 

ひょとしたら
「信頼できる人」
が最初からいるのでなく、
あなたがどこまでその人を信頼したのか
 その人をどこまで大事にしたのか
そこにかかわってくるのかもしれない
って最近思うんです。

相手を100%信頼できたら
その相手から200%大事にされる。


って。





いま目の前の人を徹底的に大事にする。

いますでにこれを読んでくれている読者に、
僕のいまできる最高のものを届ける。

名言セラピーを支えてくれている編集者を
100%信頼する。


すると、


その人たちから200%の力で助けてもらえるんです。


「3秒でもっとハッピーになる名言セラピー+(プラス)」
(ディスカヴァー)
は、まさにそうやってできた本です。
あきあらかに、僕の力を超えています。


僕が天才になったところで
僕の力をだしきっても、
たかが120%です。

しかし、周りの人たちから200%の力で
助けてもらえたら

それはすごいことになる。


==================================================
というわけで……3秒セラピー♪

天才になる方法は、
いま、目の前の人を徹底的に大事にすることだったんだ。

==================================================

これが
天才になりたくて
はじめた
名言ノック1000本の
折り返し地点で
見えてきたものです。


僕が天才になる必要はなく、
読者の力をひきだす触媒
になることが、
僕のこれからの向かう先だ
それが新しいステージだ

って。

Your Happy My Happy
結局はここだったんだ。



ひすいこたろうでした(^u^)



−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−−+−+
 3月3日発売!
「3秒でもっとハッピーになる名言セラピー+(プラス)」
(ディスカヴァー)
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4887594461/nicecopy-22/ref=nosim
 ↑
今日12時〜1時あたり
お昼休みにアマゾンで買ってもらえるとうれしい!
目標33位!(笑)

あなたの大好きな曲を聞きながら家でゆっくり読んでほしいな。
好きな曲がないって人は
ORANGE RANGEの「花」「ミチシルベ」(アルバム「musiQ」に収録)
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B000666PFC/nicecopy-22/ref=nosim


この2曲が名言セラピー続編の気分です。

−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−−+−+






◎ひすいこたろうがお薦めする
−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−−+−+−+−+
「3秒でもっとハッピーになる名言セラピー+」を
10倍楽しむ方法
−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−−+−+−+−+

まず3冊買って友人に配る。
なーんて(笑)


その1)順番に読む

前作同様、今回も一話完結なので
どこから読んでいただいてもOKなのですが、
今回は順番に読んだ方が楽しいと思います。
編集者がテーマにそってまるで音楽のように
きれいな流れを作ってくれたので。
最初にぱらぱらっと中を見ることもしないほうが
最終的に楽しめると思います。


その2)音楽を聞きながら

読んでいる間に、しあわせ感がこみあげて
くるかもしれません。(こみあげてこなかった人は、ごめんね(笑)
そのときに
音楽を聴いていると今度はその音楽を聴くだけで
しあわせ感がこみ上げてくるようになります。
そして目と耳から入る情報でしあわせ感が共鳴して増幅します。
ぜひ好きな音楽を聴きながらゆっくりご自宅で読んでいただきたく
思います。


その2)ラストは一番好きな曲で。

前作同様、ラストの名言の前には
深呼吸3回してお開きくださいの扉のページが
あります。
そこで、まずトイレへ行って
一呼吸入れてください←ポイント(笑)
そして、ここであなたの大好きな曲を
リピート状態にしてください。
ここのお薦めは
ORANGE RANGEの「花」です。


では、最後に
「3秒でもっとハッピーになる名言セラピー+」を
10倍楽しむうえで、

一番大切なことをお伝えします。


ひすいこたろうに期待しないことです。

チョー重要(笑)

デビュー作があまりによかったこともあり
(はい。自分で言わせてください(笑)
読者の方から現在、
ものすごい続編に対する期待の声が
続々と寄せられています。

まるで100万、200万、300万円のものを
買うかなのような。
1000円のものを買うのに、
そこまで期待しちゃうの?みたいな(笑)

読者の皆様からのプレッシャーに対して
僕は、いま、どう感じてるかというと、
率直にいいますと、

「3秒でもっとハッピーになる名言セラピー+」
最高としかいいようがない。

と、さらに期待度を上げて自ら
ハードルを高くしてしまってますが、
事実そうなんで
しょうがないんですね(笑)

でも、まあ、期待しないほうが
その分、楽しめるのは事実なんで。
1000円ですからね。ランチ2回分だから
そこんとこよろしく(笑)


あ、あとね
本の最後のページに例によって
スペシャル名言セラピー10日間の登録
がありますから
ぜひ登録してください。
前回、登録が一時集中しすぎて登録できない時期があったようで
そのまま登録してない方がけっこういたんですね。

今回の10日間のスペシャル名言セラピー+も
おまけとは思えないほど
ひすいこたろう力を入れていますので
ぜひ登録してください。


ある意味、スペシャルを全部読んで
「3秒でもっとハッピーになる名言セラピー+」は、
はじめて完結する
といってもいいかもしれない。
おまけにもかかわらず、
新作を20話以上投入していますので。
そして読者の皆様からお寄せいただいた
スペシャル読者セラピー
13話を一挙初公開。
これが、またすごいんだって。
読者すごすぎるよ!


と書いてると
どんどん読者の期待度が高まりそうなんで
この辺で(笑)




3月3日。なんと今日、
名言セラピーがちょっとした縁になり
結婚する読者の方が!!
おめでとう!!!!

◎◎◎メールありがとう!!!コーナー◎◎◎

ひすいこたろう様

はじめまして。
私は札幌に住むゆきと申します。

実はとても偶然とは思えないことがありましたので
どうしてもお知らせ&お礼を言いたくてメールをさせていただきます。

私が名言セラピーに出会ったのは本当に偶然で、
amazonで友人が紹介してくれた別の本を購入しようと
サーフィンしていた最中に、「たまたま」ヒットしたのです。

でも、この「たまたま」が私の人生を変えました。


本の紹介を何気なく読んだ後、
なぜかとても自然にクリックを押していました。
「買おうかな?」と迷うことなく「買おう」でもなく、
「当然でしょ」という感じで。

そして、本が到着したのが、
忘れもしない平成17年8月20日。

私の誕生日(8月21日)の前日でした。
これもまた「たまたま」疲れていてゴルフのレッスンを休んでいたことで
宅配便を受け取ることができ、名言セラピーがその日手元に届きました。

読み進めると一瞬で名言セラピーの魅力に包まれ、
読み終えたときには、心のそこから受ける感動がありました。

そして、「27歳最後の日にこの本に出会えたことは運命。
私の28歳がすばらしいものになるように神様が私に贈ってくれたギフト。」
と信じることが出来ました。

そして、8月21日、28歳初日からメールの最後に
必ずこのような署名をつけることにしました。
============
From Yuki
Your Happy My Happy!!
============

名言セラピーでもっとも感動したフレーズが、これだったからです。

私は今まで自分の幸せばかりを願ってきたけれど、
周りの人の幸せを願うこと、周りの人の幸せをともに喜ぶこと、
それで自分も幸せになれるのだったら、
こんなにすばらしい生き方はない・・と思えたから。
28歳からの私のテーマになればいいな・・と。

それから、毎日が劇的に変わりました。


仕事も中堅社員になり入社当時程の熱がなくなってしまい
彼氏もいなかった私は、それまで、周囲の幸せな人を見ていると
当然嬉しかったし、良いなと思ったし、もっと幸せになってほしいと思えたけれど
どこかで羨ましい・・とか、どうして私は・・と思ってしまったり・・
その都度、自己嫌悪になることがありました。

でも、
Your Happy My Happy!!
を知ってしまった私は無敵です。

だって、そう思う必要はないんです。
一緒に喜んだり、祝福したり、応援したりしていれば
目の前の人の笑顔を引き出せて、それを心から嬉しく思えて、

それだけじゃなく自分まで幸せになれる・・ってわかっちゃったんですから!!
こんな無敵な法則が今まであったかなぁ?と思うほど私には大ヒットでした。

そして、まず大切な人たちにこの本をプレゼントしました。
(とにかく一刻も早くあげたかった友人には電話をして
「今すぐ絶対に買って!!」と買い物途中に買わせたり・・)
自分のお古だけどあげちゃったこともありました。
とにかく、大好きな人とは共有&共鳴したかったのです。
この喜びを!!

するとものすごいことが起きました。
9月21日、誕生日から1ヶ月後、運命の出会いがありました。
婚約者である今の彼と出会ったのです。
しかも名言セラピーをお勧めした私の友人の紹介で、
「たまたま」飲むことになり、そこで・・。


その後、その友人のお誕生日にサプライズパーティを企画することで
仲が深まり、お付き合いが不思議なぐらい自然に始まりました。
そして、これもまた不思議ですが、
流れるように結婚が決まり、入籍を今週末に控えています。

そう、今週末。。。
昨日、mixiで知ったのですが、なんと平成18年3月3日、
名言セラピー第2段の発売日と私たちの入籍の日が同じだったのです!!!!

これはもう偶然とは思えず、勇気を出してメールをすることにしました。

ひすいさん、あなたと出会えてなかったら私は今頃27歳の
自分から変わることが出来ませんでした
・・・お恥ずかしながら、
友人の幸せを心のそこから願える心も持てていなかったでしょう。

あなたと出会っていなかったら、婚約者とも出会えていないでしょう。
そして、今のこんなにも幸せな気持ちを知ることがなかったでしょう。

あなたに出会えた私はほんっと〜〜〜についてます!!
(出会えたと言ってますが、実際にお目にかかったことはないですけどねぇー。すみませ
ん。)

本当に本当にありがとうございます。
心から感謝しています。

それと同時にひすいさんと私たちをつなぐいくつものパイプ役になってくれた
友人たちに心から感謝します。
だって、ひすいさんの名言セラピーで心が変わっても
それを披露させてくれる友人たちがいなかったら
私はいつまでも幸せを実感することが出来なかったのですから・・・。
ありがとう、みんなー!!!って気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

第2弾の発売を控え、お忙しいであろうひすいさんにこのような長いメールを
送ってしまっていいものか・・と悩みましたが、どうしても3月3日前に送りたくて
思い切っちゃいます。
(名言紹介でもなくてすみません。。)

これからもYour Happy My Happy !!の精神を忘れることなく、
たくさんの幸せをたくさんの友人、そして3月3日からは新しい家族と
わかちあいみんなで幸せになって行きたいです。
ハッピーサプライズがいっぱい起こる、そんな人生がさいこーです!!

最後まで読んでくれてありがとうございました。

お互いにとって素敵な3月3日になりますように・・・。

============
From Yuki
Your Happy My Happy!!
============

PS
今日の札幌は雪が降っています。
降りてくる雪ひとつひとつが幸せの粒だと思うと
この粉雪の世界がさらに美しいものに見えてきます。
読者の幸せをいつも喜んでくれるひすい様に
こんな風にたくさんの幸せが舞い降りてきますように・・。

本当にありがとうございます!

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

俺、名言セラピー出せて(Discoverさんありがとううう)
ほんとに、ほんとに、ほんとに、
よかったなー。

Yukiさんのような方がいるんだから。
うれしさがこみあげてきました。
このしあわせ感がメールを通して
あなたにも伝わりますように。
そして
本を通して
伝わりますように。




============
Your Happy My Happy !!
============





http://amazon.co.jp/o/ASIN/4887594461/nicecopy-22/ref=nosim

よろしく!





●「わたしのブログやメルマガで続編の紹介協力しましょうか?」と
 言っていただける方へ。←その言葉待ってました(笑)ありがとう!!!  

 一応下記が続編のPR文ですがお任せします。
 ご協力感謝します。うれしいです。

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

             3月3日発売♪ 
 
      人は言葉で生まれ変わることができる!
  −+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−−+−+
   「3秒でもっとハッピーになる名言セラピー+(プラス)」
→ →  http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887594461
           (ディスカヴァー)

      by天才コピーライター ひすいこたろう
  −+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−+−−+−+

   「ほんとうに3秒でしあわせになるとは思わなかった」

       「最後のページで泣いてしまった」

        「友人みんなに配りました」

    「絶句してみるみる笑顔になってしまう名言ばかりでした」

    「『こんな見方があったんだ』という驚きの連続でした」

と大反響を呼び、第7回ディスカヴァー MESSAGE BOOK大賞特別賞を受賞した
名言セラピーの待望の続編がいよいよ発売!

●詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/kissei888/archives/50488293.html


メルマガで毎日真夜中0時セラピーも無料配信中♪ 
→ http://www.mag2.com/m/0000145862.html

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


   

「3秒でHappy? 名言セラピーby天才コピーライター」   
topic「天才になる方法」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■一瞬で人生を変えることはできるのか?
できるとしたら、それは言葉だと思う。

□発行者:ひすいこたろう  
□感想や、あなたの知ってる名言をプリーズ→  hisuikotaro@hotmail.co.jp  待っ
てるよ

□発行システム:まぐまぐ 
http://www.mag2.com マガジンID:0000145862

■登録解除はここから簡単にできます 
http://www.mag2.com/m/0000145862.html

□人生を3秒で変える☆名言セラピー300話収録  

http://blog.livedoor.jp/kissei888/

□特にお薦めは、魂に効く名言セラピーA面。
 
この39話↓
http://blog.livedoor.jp/kissei888/archives/cat_1314008.html

■>>>第7回ディスカヴァー MESSAGE BOOK大賞特別賞受賞作<<<
「3秒でハッピーになる 名言セラピー」 
http://tinyurl.com/a29ky
  ↑
 「ほんとうに3秒でしあわせになるとは思わなかった」
  というメールを毎日沢山いただいてます(笑)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
3月3日。今日のことは一生忘れないな。
ありがとうございます!!!


↓今回出る本           ↓大好評の一冊目

 

posted by ちーひめ at 09:47| Comment(33) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

完璧主義を捨てて、気楽・気長に行こう!

ちーひめで〜す。

一杯サイトを林立させちゃったために
全部同時に更新することができない
ちーひめです。

でもね、ちーひめ、気長に行きます!

多くの天才が、時間の流れのなかで敗れている。
それは、諦めちゃうからだもんね。

ゆっくりでもいい、少しずつでもいい。

たとえ凡才でも、継続していけたら・・・・
そう思っているちーひめです。

理想は時間の流れのなかで試される!

そうだよね!気長にいきます!

皆も、一緒に、顔晴(がんば)ろうね〜。

ちーひめ

posted by ちーひめ at 05:18| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

ちーひめの楽天日記、復活?

みんな、

ちーひめは前に3ヶ月ほど、楽天日記をつけていました。

とっても短い間だったけど、よい仲間が沢山できました。
そのなかのひとり、へんしゅうちょが、
そのちーひめの日記を、なんと、掲示板まで含めて全部、
ず〜〜〜っと、この2年近く、持ち続けてくれていたんです。

今、そのファイルをちーひめ、また受け取り、
楽天日記、このSEESAAで復活させました。

http://shiawase777.seesaa.net/

日記のひとつひとつが長いので、
3か月分を一度に出すのはやめて、
何度かに分けて出していこうと思っています。

みんな、ほんとに有難う!

ちーひめ
posted by ちーひめ at 21:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

エルトゥールル号の遭難 〜生命の光から〜

ちーひめ、前に楽天日記をつけてました。

そのときに、感動する話、というコーナーを作ったのですが、
そこに載せていた話のひとつがこれです。

ちー友、シェフ・オオシマが、
ぜひ、載せてくださいって教えてくれた話です。
長いけど、ぜひぜひ、読んでみてくださいね。
ちーひめ、おお泣きした話です。

シェフのサイトはここ:http://plaza.rakuten.co.jp/hiro01020630/

ーーーーー
エルトゥールル号の遭難 〜生命の光から〜

和歌山県の南端に大島がある。その東には灯台がある。
明治三年(1870年)にできた樫野崎灯台。
今も断崖の上に立っている。
  
びゅわーんびゅわーん、猛烈な風が灯台を打つ。
どどどーんどどどーん、波が激しく断崖を打つ。
台風が大島を襲った。明治二十三年九月十六日の夜であった。

午後九時ごろ、どどかーんと、風と波をつんざいて、
真っ暗な海のほうから音がした。
灯台守(通信技手)ははっきりとその爆発音を聞いた。
「何か大変なことが起こらなければいいが」
灯台守は胸騒ぎした。

しかし、風と、岩に打ちつける波の音以外は、
もう、何も聞こえなかった。

このとき、台風で進退の自由を失った木造軍艦が、
灯台のほうに押し流されてきた。
全長七十六メートルもある船。しかし、まるで板切れのように、
風と波の力でどんどん近づいてくる。

あぶない!

灯台のある断崖の下は「魔の船甲羅」と呼ばれていて、
海面には岩がにょきにょき出ている。

ぐうぐうわーん、ばりばり、ばりばりばり。
船は真っ二つに裂けた。
その瞬間、エンジンに海水が入り、大爆発が起きた。

この爆発音を灯台守が聞いたのだった。
乗組員全員が;海に放り出され、波にさらわれた。
またある者は自ら脱出した。
真っ暗な荒れ狂う海。どうすることもできない。
波に運ばれるままだった。そして、岩にたたきつけられた。

一人の水兵が、海に放り出された。
大波にさらわれて、岩にぶつかった。
意識を失い、岩場に打ち上げられた。

「息子よ、起きなさい」
懐かしい母が耳元で囁いているようだった。
「お母さん」という自分の声で意識がもどった。

真っ暗な中で、灯台の光が見えた。
「あそこに行けば、人がいるに違いない」
そう思うと、急に力が湧いてきた。
四十メートルほどの崖をよじ登り、
ようやく灯台にたどり着いたのだった。

灯台守はこの人を見て驚いた。
服がもぎ取られ、ほとんど裸同然であった。
顔から血が流れ、全身は傷だらけ、
ところどころ真っ黒にはれあがっていた。

灯台守は、この人が海で遭難したことはすぐわかった。
「この台風の中、岩にぶち当たって、よく助かったものだ」
と感嘆した。

「あなたのお国はどこですか」
「・・・・・・」  言葉が通じなかった。
それで「万国信号音」を見せて、初めてこの人はトルコ人であること、
船はトルコ軍艦であることを知った。
また、振りで、多くの乗組員が海に投げ出されたことがわかった。

「この乗組員たちを救うには人手が要る」
傷ついた水兵に応急手当てをしながら、灯台守はそう考えた。

「樫野の人たちに知らせよう」
灯台からいちばん近い、樫野の村に向かって駆けだした。
電灯もない真っ暗な夜道。
人が一人やっと通れる道。灯台守は樫野の人たちに急を告げた。
灯台にもどると、十人ほどのトルコ人がいた。
全員傷だらけであった。助けを求めて、
みんな崖をよじ登ってきたのだった。

この当時、樫野には五十軒ばかりの家があった。
船が遭難したとの知らせを聞いた男たちは、
総出で岩場の海岸に下りた。
だんだん空が白んでくると、
海面にはおびただしい船の破片と遺体が見えた。
目をそむけたくなる光景であった。
村の男たちは泣いた。

遠い外国から来て、日本で死んでいく。
男たちは胸が張り裂けそうになった。
「一人でも多く救ってあげたい」しかし、大多数は動かなかった。
一人の男が叫ぶ。「息があるぞ!」
だが触ってみると、ほとんど体温を感じない。
村の男たちは、自分たちも裸になって、乗組員を抱き起こした。
自分の体温で彼らを温めはじめた。

「死ぬな!」「元気を出せ!」「生きるんだ!」

村の男たちは、我を忘れて温めていた。
次々に乗組員の意識がもどった。
船に乗っていた人は六百人余り。そして、助かった人は六十九名。
この船の名はエルトゥールル号である。

助かった人々は、樫野の小さいお寺と小学校に収容された。
当時は、電気、水道、ガス、電話などはもちろんなかった。
井戸もなく、水は雨水を利用した。
サツマイモやみかんがとれた。
漁をしてとれた魚を、対岸の町、串本で売って
お米に換える貧しい生活だ。
ただ各家庭では、にわとりを飼っていて、
非常食として備えていた。

このような村落に、六十九名もの外国人が収容されたのだ。
島の人たちは、生まれて初めて見る外国人を、
どんなことをしても、助けてあげたかった。
だが、どんどん蓄えが無くなっていく。ついに食料が尽きた。
台風で漁ができなかったからである。

「もう食べさせてあげるものがない」「どうしよう!」
一人の婦人が言う。「にわとりが残っている」
「でも、これを食べてしまったら・・・・・」
「お天とうさまが、守ってくださるよ」

女たちはそう語りながら、
最後に残ったにわとりを料理して、トルコの人に食べさせた。
こうして、トルコの人たちは、一命を取り留めたのであった。
また、大島の人たちは、遺体を引き上げて、丁重に葬った。

このエルトゥールル号の遭難の報は、
和歌山県知事に伝えられ、そして明治天皇に言上された。
明治天皇は、直ちに医者、看護婦の派遣をなされた。
さらに礼を尽くし、生存者全員を軍艦「比叡」「金剛」に乗せて、
トルコに送還なされた。

このことは、日本じゅうに大きな衝撃を与えた。
日本全国から弔慰金が寄せられ、トルコの遭難者家族に届けられた。

次のような後日物語がある。

イラン・イラク戦争の最中、1985年3月17日の出来事である。
イラクのサダム・フセインが、「今から四十八時間後に、
イランの上空を飛ぶすべての飛行機を撃ち落とす」
と、無茶苦茶なことを世界に向けて発信した。

日本からは企業の人たちやその家族が、イランに住んでいた。
その日本人たちは、あわててテヘラン空港に向かった。
しかし、どの飛行機も満席で乗ることができなかった。
世界各国は自国の救援機を出して、救出していた。
日本政府は素早い決定ができなかった。
空港にいた日本人はパニック状態になっていた。

そこに、二機の飛行機が到着した。
トルコ航空の飛行機であった。
日本人二百十五名全員を乗せて、成田に向けて飛び立った。
タイムリミットの一時間十五分前であった。

なぜ、トルコ航空機が来てくれたのか、
日本政府もマスコミも知らなかった。

前・駐日トルコ大使、ネジアティ・ウトカン氏は次のように語られた。

「エルトゥールル号の事故に際し、
大島の人たちや日本人がなしてくださった献身的な救助活動を、
今もトルコの人たちは忘れていません。
私も小学生のころ、歴史教科書で学びました。
トルコでは、子どもたちさえ、エルトゥールル号のことを知っています。
今の日本人が知らないだけです。
それで、テヘランで困っている日本人を助けようと、
トルコ航空機が飛んだのです。」

文・のぶひろ としもり

以上、エルトゥールル号の話は111年前の真実で、
16年前のイラン・イラク戦争時には、多くの日本人が
トルコの人によって救われました。
決して、多くに知られてはいない真実
あなたはどう思いましたか?

以上です。

ーーー
これは、シェフによると、
武沢さんという方のメールマガジンからの転送だそうです。

以下、シェフの言葉。

ーーー

そのメルマガの中で以下のような記述がありましたので
どんどん広がればいいナと思って取り上げました。

02/02/18 がんばれ社長!より

『…私も石原明さんのメールで教えていただいた記事ですので、
きっと転載は自由なのだと思います。
いや、むしろドンドン転載・転送していただきたい。
それほどの価値が、この文章にはあると思います。』

シェフ感想:
私はこれを読んだ直後の2002年のサッカーの
ワールドカップのとき
トルコと日本の試合はどちらが勝っても
いいような気持ちでした。

当社のアンドウはこの話を
何人もFAXしてました。

ある友人は和歌山旅行の際に、わざわざ
エルトゥールル号の記念館に立ち寄ってくれたそうです。

友人の娘さんが中学校の授業中に
この話を発表して皆に聞いてもらったそうです。

いー話でしょ!

ーーーー

この話を最初に出した楽天日記の復活版に行ってみる:

http://shiawase777.seesaa.net/article/9204677.html
posted by ちーひめ at 16:37| Comment(2) | TrackBack(3) | 感動する話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

子育てゆきんこのおすすめ

http://sakanayagoro.seesaa.net/

ここはね、
ちー友、ゆきんこのおすすめ品紹介サイト。

派手なものじゃないんだけど、
使い込めば使い込むほど愛情が湧いてくるような
そんな、おすすめ品がいっぱい!
ちーひめも欲しい(自分用の?)おもちゃが、
いくつもありました。

きゃ〜〜〜〜〜っ、(突然で失礼!!)

このバナナの人形も、かっわい〜〜〜〜!
ちーひめ、欲しいよ〜〜〜!むちゃくちゃ可愛いよ〜〜!

バナナ人形はこれ:http://sakanayagoro.seesaa.net/article/9093412.html

ちーひめ
posted by ちーひめ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆきんこの子育てサイト

みんな〜、
今日は、ちー友の、ゆきんこさん、
紹介させてくれるかなあ。

彼女とは、最近知り合ったばかりなんだけど、
なんとなく不思議な縁を感じる人なの。

なんか飾り気なくって、
なんか誠実で、淡々としているのに、
こころに届く何かがあるような、
そんな不思議な魅力がある人。

サイトはここ:

http://sakanagoro.exblog.jp/

是非是非、行って見てね!

ちーひめ
posted by ちーひめ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

もしかして、私って病気?

ちーひめ、変わった子供だったってことは
前の日記で書いたけど、もしかしたら精神病かも。。。
って悩んだ時期がありました。

中学のときだったか、保険の時間に、精神病について学んだんですね。
あんまり、細部は覚えていないのだけど、
それを読んだ子供のちーひめは、思ったのです!

ああ、この症状、もしかして、わたしかも・・。

★・・・・と、言うことは、もしかして、私、精神病かも。。。

でも、精神病の人って、自分が精神病だって思ってないと聞いたし
(ほんとか????)わたしは、そうかもしれないって思ったんだから、
ということは、わたしは、精神病ではないのかも。

でも、精神病でないかも、、って思ったということは。。。

★に戻る

こらっ!!そんなことで、根拠もなく堂々巡りするなよ〜〜〜。

今思えば、そんな子供時代も懐かしい思い出で、
辛かったことも悲しかったことも、皆意味があったってことが
よ〜〜く分かるんだけどね。

自分の個性を恥ずかしく思っているときって
本当になんというか、せっかく神様からもらった宝物を
トイレットペーバーか何かで何重にも包んで、
「これで、ちょっとは見やすくなったかな」
なんて思ってるような、そんな感じかもしれないね。

(おいおい、例えがちょっと悪すぎ!うははは。)

ちーひめ@ららら〜〜きょうもいい日〜〜〜〜
posted by ちーひめ at 00:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

大震災体験スタッフ、台風・地震防災セット厳選! 

みんな、

ふと思ったけどね、フロリダ州って、
毎年、毎年、ハリケーンがやってくる土地なんだよね。

最近では、(フロリダではないけど)カタリナなんか、
ホントにすごかったよね。

なんか、あそこまでヒドイと、どうしようもない気もするけど、
でも、備えがないと、もっともっと不安な気がするよね。

みんなは地震や台風などの対策はしている?
準備しておくと、ちょっとは安心だよ。

こんな地震防災セットとかあるみたいだから、
興味のある人は、みてみてね。

阪神淡路大震災を経験したスタッフが、
本当に必要なもの、あって助かった物だけを
厳選してくれてるので、なんだか、とっても安心します。

http://www.store-mix.com/ko-bai/product.php?afid=5764005&pid=346329&oid=9791&hid=90201
posted by ちーひめ at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

失敗を恐れる心の奥にあるもの

みんな、みんなにはないかなあ?

人に失敗を見られたくないって気持ちが。
現状はどうあれ、自分をよく見せたいって思いが。

そんな気持ちの奥にあるものって何でしょう?

もしかしたら、
人の評価によって自分の価値が決まる!
って、思っていませんか?

人に失敗を見られたら自分の価値が下がる、
って思っていませんか?


そんな気持ちがあるから、何も行動に移さない。
何もしないでいると失敗しないですむから。

でも、そうやって失敗を恐れるだけで一生をついやしてしまうのって、
なんだか、とっても勿体ないですよね。

ということで、ちーひめが最近自分によく言ってあげてる言葉を
ここで皆とシェアします!

現実はどうあれ、本当の私は素晴らしい!

発展段階にある自分。その発展状況をグラフにしてみたら
たまに下がったりしながらも、全体を見ると、少しずつ向上している。

そんなグラフ線上の一点をとって、
これが自分の本質だ、なんて信じられますか??

多くの成功者が語っていますよね。
私たちは自分が思うとおりのものになれるって。

明日の自分を信じましょう。自分の力を信じましょう。
自分が描く理想こそが、本当の自分なのだから。

もう一つのブログ、「英語は度胸」でも、【↓】ここで
http://courageenglish.seesaa.net/article/8874801.html
なぜ間違い英語を話すのを恐れるのかを書いてるので
もし良かったら、行って見てね。

(↓)ちーひめのいろんなサイトを見てみたい人はここ!

ちーひめのサイト一覧を見てみる
posted by ちーひめ at 23:01| Comment(6) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きのうより、ちょっとしあわせ

ちーひめ、前に楽天日記つけてたんだけどね〜、
「今日も幸せ、明日はもっと幸せ」っていうタイトルだったの。

そしたらね、さっき、こんなサイト見つけちゃった!
「きのうより、ちょっとしあわせ」

ここで〜〜す! http://hosshi-yo.seesaa.net/

みんなが、毎日、
自分の「しあわせ」を見つけられますように!

ちーひめ
posted by ちーひめ at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。